スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年最初のGⅠ フェブラリーS開幕


こんちわ。お久しぶりです。新会長です。

暮れの有馬記念から中2か月、GⅠフェブラリーSの時期がやってきました。
ダートのGⅠということもあってか大盛り上がりこそしませんが、きたるクラシック・春GⅠ戦線に向けてファンのボルテージを上げていく重要なレースだと思っています。


今年の目玉はコパノリッキーの同一GⅠ3連覇の偉業達成なるか?という点でしょう。厳しくマークされたここ2走では着を落としていますが、自分の流れに持ち込んだ時の強さは折り紙付きです。

サークルの皆さんの印を見てみましょう。


フェブラリ



サークルの一番人気はベストウォーリア……てなんか変な印が入ってますね(笑)
昨年の馬券王タイさんが◎○▲目白押しのようです。それだけ自信があるんでしょうか。
長らくダート短距離界を牽引してきた同馬、1600mの距離は守備範囲内です。
ダート馬の見極めに定評のあるタイさん曰くパドックに注目だそうです。要チェック!



2番人気はノンコノユメ。ダートは芝と異なりワンペースで進むことが多く、前に行く馬が有利というのが鉄則です。展開が向けば派手な差し追い込みが決まることもありますが、そういったタイプの馬はえてして成績が不安定になったり、ある程度クラスが上がると善戦マン止まりになりがち。ところがこの馬はいつも後方から必ず追い込んでくるという超イレギュラー。ダートのトップホースとしては断然小柄な450kgの馬体のどこにそんなパワーが秘められているんでしょうね。


コパノリッキーもメンバーの評価は高いですね。ここ2戦苦しめられたホッコータルマエが不在で、代わりにコーリンベリーやスーサンジョイなどスピードのあるスプリンター寄りの馬が出走。この辺りとの兼ね合いがカギになるでしょう。力落ちはないはずです。

スポンサーサイト
プロフィール

ロンシャン

Author:ロンシャン
不定期活動中。
詳細はTwitterをご覧ください。

最新記事
つぶやき
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
アクセス解析
24時間取引が可能
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。